治療の前に見積もり

2017年2月17日 / 未分類

インプラント治療

インプラント治療に掛かる費用を合計するとインプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに費用の差になってきますので、治療を初める前に費用の見積もりを出して貰い、できるだけ何カ所か比較した後、治療を始めても、決して遅くありません。色々なデータの中でも重要なのは実際にインプラント治療をうけてどうだったか、その評判です。費用が高額なので、多くは一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。混同されることの多いインプラントと差し歯。何がちがうのでしょうか。決定的なちがいは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。差し歯は、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。では、インプラントの場合はどうでしょうか。インプラントは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、義歯を造れるのが、インプラントの利点なのです。

インプラント埋入手術の直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが自然な流れです。別の原因が隠れていることもあり得るため、治療中に異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることを心がけて頂戴。人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。インプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプに分類することができます。アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはインプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を用いているのです。

インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費を覚悟しましょう。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくとベストだと思います。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る